一軒家

注文住宅の建設は地域密着型の工務店が最適【その理由を紹介】

気候や環境を考慮して

インテリア

地域や自分の希望のために

福岡は、夏には黒潮の影響で暑くなり、冬には日本海から吹いてくる北風で冷え込みやすい地域です。そのことから福岡で居を構える人の多くが、地域の工務店に建築を依頼しています。工務店なら、福岡のこういった気候を十分に考慮しながら、体への負担が少なく長持ちしやすい住宅を建築できるからです。特に注目されているのは、福岡産のヒノキやスギを使って住宅を建てている工務店です。福岡で数十年育ってきた樹木を使うことで、気候に適応しやすい住宅が完成することになるからです。具体的には、ヒノキもスギも熱や冷気を通しにくいので、これらが多用された住宅では、必然的にどの季節でも過ごしやすくなります。また伐採後には植林が行われるので、地域産の木材を使うことは、地域の林業を発展させることにもつながるのです。また福岡には、環境への取り組みを積極的に行っている工務店も多くあります。具体的には、太陽光発電システムを導入したり、壁や床を二重断熱構造にしたりといった具合です。地域の環境保全に貢献できますし、家庭での光熱費の節約にもなることから、こういった工務店を選ぶ人も多くいます。もちろん工務店による住宅建築では、デザインや設備などにおける様々な希望を反映してもらうこともできます。たとえばヨーロッパの民家風のデザインにしたり、庭にプールを設置したりといったことも可能なのです。ただし工務店によって得意分野が異なっているので、自分の要望を叶えるノウハウを有しているところを選ぶことが大事です。